2007年10月14日 (日)

富士通レディース2007 FINAL

今年の富士通レディースは、劇的なドラマが待っていました。

2日目を終え、上田桃子と李知姫が7アンダーでトップ。初日パープレーと出遅れたものの昨日、ベストスコアの6アンダーで横峯さくらが追い上げる形で、最終ラウンドがスタートしました。

033                                                    

                                                  

                                                           

大勢のギャラリーがつめかける中、メジャートーナメント並みに、速く・固いグリーンは、選手たちに思うようにバーディを取らせない、そんな展開でした。

フロントナインを終え、上田が2つスコアを伸ばし、9アンダー。横峯も2つ伸ばし、8アンダー。李は1つしか伸ばせず同じく8アンダーと最終組の3人に勝負は絞られた感じでした。

バックナインに入り、まず上田が難易度の高い11番でバーディを取り、10アンダー。一方の横峯は、我慢のゴルフで8アンダーをキープ。李も思うようにスコアを伸ばせず、終盤の14番ホール。

上田のセカンドショットは、グリーン奥のラフに。難しいアプローチは、見事にカップインで、11アンダーにスコアを伸ばします。

続く15番のパー4。横峯はボギーで一歩後退。上田が抜け出した感じでした。

しかし、そこからドラマが始まりました。

16番パー5。昨日、嫌なボギーを叩いた上田のティーショットは、フェアウエイど真ん中。

これで勝負あったかと思ったのですが、なんとこのホールで上田が、3パットのボギー。昨日に続いて嫌な雰囲気が流れました。対する横峯は4mのバーディを決め、8アンダー。その差は2打差に詰ります。

続く、ピンまで193ヤードのパー3。横峯の9Wのティショットは、ピン手前7mにナイスオン。上田のティショットは左のラフへ。

しかし、上田はこのアプローチも見事に寄せて、10アンダーをキープ。一方の横峯は、このバーディパットを決め、9アンダーとし、その差は1打差。一時、4打差に開いた差は、あっという間に1打差になっていました。

今大会で難易度が4.425と最も高い、名物になりつつある、深いガードバンカーが待ち受ける18番ホール。

上田の左ラフからのセカンドショットは、グリーン奥のラフへ。右のラフからの横峯のセカンドショットは、ピン手前9mにナイスオン。

非常に微妙なタッチの要求される、難易度の高い上田のアプローチは、カラーに落ちてうまく転がり、ピン手前約1mに寄せ、優勝へ近づいた感じでした。

横峯は、この18番のバーディパットを決めれば、上田に追いつくところでしたが、そのパットはフックに読んだものの、曲がらずにパー。

上田のパーパットが決まれば、優勝というパーパット。慎重すぎるくらいにラインをキャディと確認する上田。

私は「はずさないとは思いますが、嫌なパットですね。」とテレビで言ったのですが、上田のパットは、カップをかすめてしまいました。

今年の富士通レディースは、上田桃子と横峯さくらのプレーオフに突入しました。

一時は4打差あったものが、最後の3ホールで追いつき、プレーオフ。納得できないのか?上田はプレーオフに行く前にも最後のパットのラインを確認していました。

18番ホールの繰り返しで行われるプレーオフの1回目。

両者ともフェアウエイからナイスオン。

先に横峯が、6mのバーディパット。先ほどの18番のラインとほぼ同じだったので、ラインはわかっていました。と後で本人が話していましたが、カップの右ふちを狙ったパットは、真ん中からカップインでバーディ。

上田桃子は、ピンの左から約4mのバーディパット。入れなければ、負けの展開で、上田も”気合”のバーディ。

こんなに白熱した、素晴らしいプレーオフは、見ごたえがあります。

両者バーディで、プレーオフは2ホール目に。

上田のティショットは、大きく右に曲がり、深いラフへ。横峯のティショットは反対の左に曲がりクロスバンカー。

直接グリーンを狙えない位置の上田は、確実にレイアップ。しかし、これもファーストカットまでが精一杯。

横峯は、バンカーから8番アイアンで、グリーンにナイスオン。

上田が3打目で、寄せてパーをキープすれば、まだわからない緊迫のプレーオフ。上田の3打目は、あと少し足りずに、名物のガードバンカーへ。

031                                                                        

                                              

                                                      

エッジについてしまった上田のボールは、ピンへ打つことが出来ず、この劇的な長い一日は、横峯の逆転優勝で幕を閉じました。

032                                                

                                                

                                                       

今季3勝目。通算8勝。賞金ランクも1億円を突破して、2位に浮上。優勝おめでとうございます。

賞金ランクトップの上田桃子は、本当に悔しい結果だったと思います。プレーオフを終え、涙を堪えながら、プロとして、記者のインタビューをきちんと受け、帰っていった、上田桃子にも”本当にお疲れ様でした。素晴らしいトーナメントをありがとう。”と伝えたいと思います。この経験がこれからの彼女のプロゴルファーとしての大きな経験として、良い方向にいくことを願っています。

まさに、”筋書きのないドラマ”の今年の富士通レディース2007は、25周年記念にふさわしい結果でした。

ロゥエストアマには、高校2年生の藤本麻子くんが、トータル1アンダーのスコアで獲得しました。これでプロのトーナメントでのロゥアマは4つ目とのこと。これからの活躍も楽しみです。

今年も富士通の秋草大会会長はじめ、みなさんに感謝したいと思います。また、素晴らしいコース作りを一緒にしてくれた、東急セブンハンドレッドのみなさん、ボランティアのみなさん、ありがとうございました。

第1回大会から、このトーナメントに携わっていますが、毎年、本当に素晴らしい”感動”をもらいます。ありがとうございました。

036

2007年10月14日 (日)|固定リンク