2007年11月17日 (土)

ティーチングプロ

今日は、先週の伊藤園レディスで、見事なカムバック優勝をした”北田瑠衣プロ”のティーチングプロについて少し触れたいと思います。

北田は、ジュニア時代にアマチュアのナショナルチームに選ばれるなど、有望なアマチュアとして活躍。その後、2002年のプロテストに一発合格。

翌、2003年のプロミスレディースでプロデビューを飾り、初日に2位スタートと華々しいデビューを飾りました。

プロ入り2年目の2004年には、3勝を上げ、その年の賞金ランクでも、不動裕理・宮里藍に続いて3位という成績を上げ、一躍、トッププロの仲間入りを果たしたのでした。

そして、2005年の1月に南アフリカで初めて開催された”女子ワールドカップゴルフ”では、宮里藍と組んで、見事に初代のチャンピオンに輝きました。

しかし、その後、ケガなどが続き、スランプになってしまい、シードを失い、クオリファイスクールからトーナメントに出場するという時期を過ごしてきました。

そんな中での今回のカムバック優勝。そこには、彼女をコーチしている”ティーチングプロ”の存在を抜きにはいかないのではないでしょうか?

現在、彼女のコーチをしているのは、ご存知の方も多いと思いますが、谷将貴くんです。

彼は、ジュニア時代に同期の片山晋呉と争うほどの実力の持ち主で、法政大学へ進学後、1年生でレギュラーの座を確保したほどのゴルファーだったそうです。

しかし、在学中に渡米し、スイング理論などを学び、ティーチングプロとしての道を歩み始めました。

同期であった、片山晋呉プロのコーチとして、有名になり、2004年には、彼を賞金王へ導いています。現在も彼のコーチとして活躍しています。

その谷くんと北田の偶然な出会いは、今年の7月11日だったようです。

そして、偶然にも北田が優勝したのが、11月11日。ちょうど4ヶ月での優勝でした。

ティーチングプロというのは、技術を教えるのはもちろんですが、プロのコーチとなると、それ以上にメンタルな部分での、サポートがかなり重要になってくるのではないかと思います。

プロゴルファーにとって、スランプになり、成績が上がらない時ほど、精神的に落ち込んでしまい、何事においてもポジティブに物事を考えられなくなるものです。

そんな、メンタルな部分を技術を教えるだけでなく、ポジティブな気持ちにさせていくという、非常に難しいことを一流のティーチングプロは実践しているのでしょう。

ある時に、私は、谷くんたちと一緒に話をする機会があったのですが、その際に感じたことは、彼が彼のスタッフや周りの仲間に接する態度などを見て、いろいろと感心する部分がありました。

彼のスタッフの育て方などが、きっとプロのコーチをする上で非常に良い効果を発揮しているように感じました。

昨年、在米の韓国人コーチである、J.YOON氏が、大山志保のコーチをし、見事に賞金女王に導きました。そして彼は、今年、茂木宏美をコーチし、見事にカムバック優勝させています。

このようにプロゴルファーにとって、影の力ではありますが、”ティーチングプロ”の存在というのは、非常に重要な要素になってきているのでしょう。

今回の伊藤園レディスの北田のカムバック優勝の影には、谷将貴コーチの大きな力があったと改めて思いました。

2007年11月17日 (土)|固定リンク

先週の伊藤園レディスは、劇的なドラマの中で無事終了しました。                

                

日曜日の視聴率も男子ツアーを上回りました。                            

私は伊藤園レディスのゼネラルプロデューサーとしてトーナメントの企画運営をさせていただいていると同時に、開催コースである、グレートアイランド倶楽部のコース設計にも参加させていただいていました。                                      

亡くなられた、本庄会長といろいろなお話をさせていただきながら、このコース設計に携わっていたのです。                                              

会長とのお話の中でも特にトーナメントを開催する以上、終盤の4ホールには、ドラマが生まれるようなホールを作り、トーナメントを盛り上げるべきという意見で一致し、そのようなホールを作ったつもりです。                                                                                                                                                                                                                                                                            

15番ホール(541Y・PAR5)は、3打目のランニングポイントをあえて段差をつけてダウンヒルになるように設計し、バーディも出るがボギーも出てしまう、というホールにし、続く16番(385Y・PAR4)は、逆にセカンド地点からアップヒルにグリーンを狙うホールとし、グリーンの手前の芝を短く刈り込み、ピンが手前にある場合、完璧なショットに対しては、バーディーチャンスを与え、少しでもずれると、グリーンの下に落ちてしまうという、ホールを作りました。                                                   

17番(197Y/PAR3)は、ピンの位置とティのセッティングで、170Y~190Yで、セットができるようなパー3とし、左サイドは、すべて池。最終日は、その池に近い左サイドにピンを切るという想定までして、このホールを作りました。                           

                                                        

最終ラウンド。7アンダーでトップにいた、佐伯三貴は、やはり優勝へのプレッシャーなのか?左のピンを狙えずに、逆に右のバンカーに入れてしまいました。               

この17番の右のガードバンカーは、あえて深いバンカーにせずに、グリーン面と同じレベルで作ってあります。それゆえに、池に向かって打つ、バンカーショットの難易度が格段に上がることになります。深いバンカーでは、プロにとっては優しいバンカーショットになってしまうのです。                                                

そして、最終の18番(410Y・PAR4)は、左サイドは池ですが、ティショットを右へ打つと木が邪魔になり、左に打つと池越えのセカンドショットになるというホールにしました。もちろん、最終日のピンの位置はここも池に近い左サイドと想定していました。          

17番でボギーとし、1打差に迫られた佐伯は、18番で、完璧なティショットでフェアゥエイセンターを捉えました。しかし、セカンドショットは、左の池に吸い込まれました。そこまで完璧なプレーをしていた佐伯の信じられないミスではないでしょうか?             

やはり、メンタルの部分で、17番のティショットからかなり“受身”になっていたのではないでしょうか?そのネガティブな部分が、優勝争いの土壇場でこのような結果を生んでしまったのではないかと思われます。                                       

一方、優勝した、北田は、終盤の17番のティショットをピン方向に打ち、18番のセカンドショットもピンへまっすぐに打てています。惜しくもバーディとはならずにパーでしたが、この自分のショットへ自信が、“受身”になってしまった佐伯とのプレーの差となり、プレーオフでの明暗を分けたのではないでしょうか?                               

3日間、54ホールのトーナメントで、“うまい”プレイヤーは、確実にスコアを作ってきます。しかし、最後の4ホール。勝負のかかった終盤で、メンタルな要素が必要になってくる部分で、このようなことが生まれるのではないでしょうか?                      

私は、本庄会長の”遺言”を守り、トーナメントの運営をしてきました。結果、このような劇的なドラマが生まれ、会長も天国から拍手を送ってくれていたのではないでしょうか?   

見事にカムバック優勝を果たした、北田プロには改めて「おめでとう!」と言ってあげたいです。                                                   

そして、プレーオフで優勝争いをした、佐伯三貴には、「ごめんなさい!」             

同じくプレーオフで惜しくも優勝を逃してしまった、茂木宏美プロには、「本当に残念でした。そして、お疲れ様でした。」                                    

と、最後までがんばってくれたプロに感謝をしたいと思います。                  

彼女たちの精一杯のプレーが、このようなドラマを生みました。今年の伊藤園レディスも長く、記憶に残るトーナメントとなったのではないでしょうか?

2007年11月16日 (金)|固定リンク

伊藤園レディス2007の最終日は、予想通りの大混戦となりました。

2日目を終えて、トップの北田瑠衣は、4番でボギーが先行、9番でバーディを奪うもののスコアを伸ばせずに前半を終了。

最終組が前半を終えたところで、トップは茂木宏美の6アンダー。続いて北田と佐伯が5アンダー。

三つ巴の様相で、勝負の行方は”サンデーバックナイン”へ!

茂木が10番、12番でボギーとし、一歩後退。一方、ルーキーながら今年4月のフジサンケイで初優勝。その後も安定したプレーで11回もベスト10入りし、初出場の全英女子オープンでも活躍した、安定感のある佐伯三貴が、13番、15番のパー5をきっちりとバーディとし、トータル7アンダーの単独トップに立ちました。北田は我慢のゴルフで5アンダーをキープ。

茂木が15番でバーディを取り、再び5アンダー。

難易度の高い、グレートアイランド倶楽部の上がりの3ホールに勝負の行方はゆだねられた感じです。

私は、この伊藤園レディスのプロデュースをさせていただいているのですが、このグレートアイランド倶楽部のコース作りにも、亡くなられた本庄会長のお手伝いをさせていただいていました。会長は、「劇的なドラマが生まれるコースを作ろうよ!」とおっしゃり、このようなコースを作ることになったのです。まさに、ここからまたドラマが生まれそうな今年の大会になりました。

最終組の1つ前を回る、佐伯は16番でパーセーブ。17番のパー3に入ります。

北田と茂木の最終組も16番は、バーディチャンスながらパットが決まらず、パーセーブ。

左サイドに名物の大きな池のあるパー3。今日はその池に近いグリーン左サイドにピンが切られています。

佐伯のティショットは大きく右へ曲がり、バンカーへ。難易度の高いバンカーショットを残してしまいます。バンカーから約5mに寄せてのパーセービングパットは、惜しくも入らずにボギー。この時点で佐伯は、6アンダー。北田、茂木に1打差に迫られます。

茂木、北田は、この17番をきっちりとパーセーブし、5アンダーで最終ホールへ向います。

最終18番の佐伯のティショットは、フェアゥエイをキープ。今日の18番のピンの位置はここも難易度の高い左サイド。やはり、池が気になる位置でです。

佐伯のセカンドショットは、まさかの左の池に。ここまで安定したショットの佐伯の信じられないミスが出てしまいました。

しかし、池の手前からドロップし、4打でグリーンオン。10mあろうかという長いボギーパットを沈めて、痛恨のボギーながら、5アンダーでホールアウト。

最終組の北田、茂木ともに18番のティショットはフェアゥエイをキープ。ピンの右へ手堅く2オンの茂木。北田のセカンドショットは、ピン左にナイスオン。

まず、茂木のバーディトライ。入ればまず抜け出します。ここまで強気に素晴らしいタッチのパッティングをしてきた茂木らしくないショートしたパットはカップの手前に約1mを残します。

北田のバーディパット。ラインは非常に難しいですが、距離は約1.5m。これを沈めれば優勝という大事なパット。

さすがに緊張したのか?ボールはカップを触ったものの外れてしまい、パーセーブした茂木とともに5アンダーでホールアウト。大会は54ホールで決着が着かず、北田、茂木、佐伯の3人のプレーオフとなりました。

18番ホールを繰り返して行う、サドンデス方式のプレーオフ。まず最初のホールで、佐伯が痛恨のボギーで脱落。パーセーブした北田と茂木が2ホール目に入ります。

カップの位置を切り替えて行われた、2ホール目。茂木、北田ともにグリーンオン。

このまま永遠に続くのでは?と思われたプレーオフでしたが、この2ホール目で、茂木が痛恨の3パット。

北田瑠衣が、2004年以来の通算4勝目を上げました。

Dscf1038                                                   

                                            

                                                 

2004年に年間3勝を上げ、賞金ランクの3位に入った後、スランプに陥り、本人も非常に苦しい時期を過ごしてきたようです。優勝インタビューでは、思わず涙があふれていました。しかし、ここに見事カムバックしてきたのは本当に素晴らしいと思います。本当におめでとうございます。

そして、惜しくもプレーオフで敗れた茂木宏美と佐伯三貴。この二人も最後まで素晴らしいプレーで今大会を盛り上げてくれました。二人にも感謝したいと思います。

今年も劇的なドラマで幕を閉じた、”伊藤園レディス2007”。いかがだったでしょうか?

伊藤園グリーンクラブというボランティア組織を中心に運営をしてきたこのトーナメント。今年のボランティアで来てくださった方は、1296名になりました。本当にありがとうございました。この中には、地元の長南中学の中学生が昨日24名。今日22名手伝いに来てくれていました。

又、あいにくの天候にも関わらず、3日間を通じて8583名のギャラリーの方にご来場いただきました。

そして、このギャラリーの方々の入場料やその他チャリティで、総額で、5,743,069円のチャリティ金が集まりました。大会を通じて、千葉県や地元へ寄金させていただく予定です。

ボランティアの運営を始め、いろいろは試みが良い形で現れてきた、素晴らしいトーナメントに成長してきたと思います。

これも、ボランティアのみなさんはじめ、多くの方々の協力があってのことだと思います。

雨にも負けない素晴らしいコースコンディションを作ってくれた、コース管理のみなさん。朝早くから夜遅くまで、大会運営に協力をしてくれた、グレートアイランド倶楽部のスタッフのみなさん。もちろん、主催者として様々な協力を惜しみなくしてくださり、23年間、この大会を主催してくださった、伊藤園のスタッフのみんさん。その他大勢のみなさんの努力で今年も素晴らしいトーナメントが無事に終わることができました。

本当にありがとうございました。

この大会で、今シーズンの私のプロデュースするトーナメントは一段落です。

来年に向けての準備も徐々に始まっています。これからも”感動”を与えられるような素晴らしいトーナメント作りを心がけていきたいと思います。

2007年11月11日 (日)|固定リンク

冷たい雨の降る、選手にとっては厳しいコンディションとなってしまった、今年の伊藤園レディスの2日目でした。

昨晩から降りだした雨は、午前中には時折強い雨となってしまいましたが、素晴らしいメンテナンスのグレートアイランド倶楽部のコースは、グリーンはもちろんフェアゥエイも問題なくトーナメントをスタートさせてくれました。

そんなコンディションの中、第2ラウンドは大混戦でした。

一時はトップに8人が立つという状況もあったのですが、第2ラウンドを終え、単独のトーナメントリーダーにたったのは、北田瑠衣。

北田は、今日のコンディションの中でもスコアを2つ伸ばし、トータル5アンダーで単独のトップです。

2004年には、年間3勝を上げ、賞金ランクの3位に入った実力者でした。しかし、今年は夏頃に腱鞘炎で苦しみ、手術をし、9月以降、少し調子が戻ってきたところです。

現在の賞金ランクは、56位。上位51位までに与えられる来年のシード権ギリギリのところにいるので、今大会では、なんとしての上位をキープし、シードを確定させたいところです。

もちろん、久々のカンバック優勝!というのも目前ではないでしょうか?

厳しいコンディションでしたが、プレーは落ち着いた感じで、表情も良い感じです。明日も彼女らしいプレーを見せてくれれば、結果は付いてくるのではないでしょうか?

1打差の2位には、初日トップだった、T.ダーディンと今日のコンディションの中でベストスコアの68を出した、茂木宏美。

続く3アンダーには、福嶋晃子と李知姫が続きます。

賞金女王争いの上田桃子は、前半スコアが伸びずに苦しむ展開。しかし、後半の14番・15番・18番と難易度の高い終盤でバーディを取り、トータルはイーブンパーでホールアウト。

トップとは5打差ながら、優勝争いの一角に入ってきました。

一方の横峯さくら。今日もドライバーショットに精彩がなく、スコアを落し、5オーバーの37位タイと少し脱落した感じです。

今日の第2ラウンドを終え、7オーバーまでの53人が明日の決勝ラウンドに進出しました。

イーブンパーまでの選手が16人とまだまだ大混戦。明日の天候も心配なのですが、北田が逃げ切るのか?誰かが抜け出てくるのか?楽しみな最終日になりそうです。

明日もテレビ朝日系列で放送します。

放送時間は、午後4時から5時25分までの予定です。テレビ放送もお楽しみに!

2007年11月10日 (土)|固定リンク

2007年11月10日 (土)

伊藤園レディス 1ST 

伊藤園レディスの初日が終了しました。

晴れのち曇りのまずまずの天候でしたが、初日から大勢のギャラリーがつめかけてくれました。

昨年とくらべ、500人以上多い、2,268名の方が来場してくれました。

Img_1040                                                

                                                

                                                                                                         

今日は午後から風が強くなったコンディションでしたが、上位には、飛ばし屋の3人が来ました。

トップは、T.ダーディンで、5アンダー。1打差の4アンダーに福嶋晃子とL.デービース。

ロングヒッター3人が上位につけました。

注目の賞金女王争いの2人。上田桃子は、「何となく、ショットがしっくりこないんです。」と言うものの、3バーディ、2ボギーの1アンダー。8位タイとまずまずのスタートとなりました。

一方の横峯さくらは、スタートの1番でバーディ。5番でイーグルと好調なスタートでしたが、後半に崩れ、もともと苦手だという17番のパー3では、3パットのダブルボギーと乱れ、イーブンパーの27位タイでフィニッシュ。

明日は、雨の予報です。気温も上がらないようなので、コンディションは厳しくなるかもしれません。

ショットメーカー有利の展開ですが、やはりグリーン上も重要でしょう。

まだまだ混戦の今年の大会。誰が抜け出してくるのか?楽しみです。

明日の第2ラウンドは、第1組が8時スタートです。優勝争いの最終組は、10時30分スタートになります。

もちろん、明日からテレビ中継が始まります。

テレビ朝日系列で、午後4時から4時55分。こちらもお楽しみに!

2007年11月10日 (土)|固定リンク

2007年11月 7日 (水)

伊藤園レディス ②

だいぶ日暮れが早くなりましたね。

伊藤園レディスの会場に来ているのですが、あっという間に日暮れになってしまいますが、時間を見るとまだ6時前。びっくりしてしまいます。

日本のゴルフツアーも終盤を迎えています。

女子のトーナメントも今週の伊藤園レディスを含め、後、3試合になりました。

上田桃子と横峯さくらの賞金女王争いは、先週の上田の優勝で、少し差が出来てしまいました。

上田桃子が、142、585、232円で現在トップ。続く、横峯さくらは、110、853、890円で、約3170万円の差があります。

しかし、今週の伊藤園レディスの優勝賞金は、1260万円。その後のトーナメントも高額なので、まだわかりません。

いずれにしても、最後まで素晴らしいプレーを見せてもらいたいですね!

今日、初日の組合せが発表されました。

上田桃子は、10時のスタートで、有村智恵・古閑美保との組合せ。横峯さくらは、続く10時10分スタートで、佐伯三貴・L.デービースとの組合せになりました。

初日のペアリングは、ホームページでご覧いただけます。

10日(土)11日(日)には、テレビ朝日系列で放送があるのですが、関東地区では、最後のトーナメントになります。

是非、会場に足を運んでみませんか?目の前で繰り広げられる女子プロたちの生の迫力を感じてみてください。

会場近辺には、ギャラリー駐車場も用意しています。

便利な電車をご利用の皆様には、期間中(11月9日~11日)は、JRの茂原駅南口から朝の7時より、会場までの無料送迎バスも用意しています。

少し寒くなってきました。風邪などひかぬようご注意ください!

2007年11月 7日 (水)|固定リンク

2007年11月 6日 (火)

第23回 伊藤園レディス 

今週は伊藤園レディスに来ています。

1985年に始まったこの大会も今年で23回目を迎えることになりました。

国内の女子ツアーの終盤戦として、広く認知されているトーナメントに成長してきたと思います。

特に、もうすでに多くの方々には、知られる存在となっている、ボランティアによるトーナメント運営も“伊藤園グリーンクラブ”の設立から5年目を迎えることになりました。

この大会のコンセプトの一つである、「地域に根ざしたトーナメント」「社会的に意味のあるトーナメント」ということから始まった、このボランティア活動も年々規模が大きくなり、今年は延べで1387名が参加してくれることになっています。

近年は、他のトーナメントでもある種のボランティアによるトーナメント運営は実施されていますが、この大会では、ほとんどの業務をボランティアの手で運営できるようなシステムを構築してきています。

例えば、大会の前週の日曜日から、ボランティアの手で“ローピング”を行い、月曜日のマンデートーナメントのスタートやスコアカードチェックなどの運営もすべて、ボランティアスタッフの手で実施しているんです。

                                                         

Photo_3 Photo

                                                 

                                             

                                                      

もちろん、日によって都合がつかずに来れない方もいらっしゃいます。約半年前からのミーティングで、ボランティア各自が日程を調整し、参加できる人数を決めていくなど、細かいところまで、ボランティアのみなさんが自ら運営に携わる形になっているのです。

「地域に根ざしたトーナメント」というコンセプトに沿った、地元のみなさんの参加が徐々に広がり、このように大勢の方の参加が実現したのです。

そうした、ボランティアの輪が5年前に「伊藤園グリーンクラブ」というボランティア組織を作ることになったのです。

ボランティアのみなさんは、本当に楽しんでトーナメントの運営を手伝ってくれています。朝早くから夜遅くまで、一生懸命にやってくれていることに本当に感謝しています。

また、今朝はそのボランティアの方々と少しだけお話する機会がありました。ボランティアのみなさんからの大会に対する積極的な意見や、今の女子トーナメント界についてお話を聞きました。

それらの意見も参考にトーナメント運営して行くのも大事なことです。

今日は指定練習日です。少し肌寒い天候ですが、細部まで最後のチェックをする予定です。

2007年11月 6日 (火)|固定リンク

<< 前の月 次の月 >>