2008年12月19日 (金)

2009年スケジュール

先日、男女の国内の来年のツアーのスケジュールは発表されました。

男子ツアーは、今年と同数。関西オープンがツアー競技になったようです。

一方の女子ツアーは、3試合が減りました。また、ステップアップツアーは、5試合の減となってしまったようです。

昨今の世界的な経済状況の中で、どうなるのか?と心配をしていたのですが、厳しい経済状況の中でのこの結果は、よかったのではないでしょうか?

男子ツアーでは、石川遼が大活躍で、終盤のテレビ視聴率が二桁(10%超え)と人気が戻り、女子ツアーも素晴らしい試合展開で、最終戦まで賞金女王が決まらないという展開もあり、大いに盛り上がって2008年シーズンを終えたと思います。

この経済状況は、しばらく続きそうです。そんな中で来年以降のトーナメントでは、いかに魅力を引き出し、”イベント”としての価値を見出して開催するのか?

そういったところが重要になってくると思います。

人気の選手に頼るだけではなく、”ゴルフトーナメント”自体が意味を持ち、実施される、そんなことが今まで以上に重要になると思います。

私自身もこのような状況は初めての経験です。

そんな中でも、素晴らしいトーナメントをつくり、それを多くの人に伝えていく。そういうゴルフトーナメントをプロデュースしていくつもりです。

トーナメントだけではなく、ゴルフ業界全体も非常に厳しい時代を迎えることになります。

それでも、”ゴルフ”を通して、素晴らしい感動と楽しさを一人でも多くの方々に伝えて行きたいと思います。

年末は天気も良いようです。

みなさんも、ゴルフを楽しんでください!

2008年12月19日 (金)|固定リンク

2008年12月 8日 (月)

国内シーズン終了!

2008年の国内ゴルフツアーも昨日終わった、男子の日本シリーズで終了です。

何と言っても今年の後半の石川遼の活躍による、男子ツアーの盛り上がりには驚きました。

最終戦となった、日本シリーズのプレーをテレビで観戦しましたが、夏以降、本当に上手くなったと思いますし、彼のプレーを見ていると、あのアプローチが入るのでは?とか、このショットはどこまで飛んでいくのか?というように見てしまうという魅力があります。

石川遼のように、”何か”を持って生れてきたプレイヤーは、それなりの環境の中にいることで、驚くほどのスピードで進化していくのでしょう。

本当に素晴らしいプレイヤーが生まれたと思います。以前にもお話したのですが、あのジャンボ尾崎のデビュー時を思い出します。

男子ツアーの後半の視聴率も、石川の活躍で、10%を超える視聴率だったようです。特に昨日の視聴率は、今シーズン最高の14.6%だったようです。

17歳のツアープレイヤーのデビュー1年目。最優秀新人賞を獲得したようですが、間違いなく、今年のゴルフ界のMVPでしょう。

賞金ランクは、1億631万166円で、5位。24試合に出場し、平均ストロークは、70.89で、16位。平均パット数は3位。バーディ率は2位。ドライビングディスタンスは、7位。

そして優勝1回。ベスト10以内が7回と、堂々たる成績でルーキーイヤーを終えました。

そして、私は彼のプレーばかりでなく、彼のコメントにも注目していました。

いつも、さわやかに、そして的確にコメントするその姿は、真のプロスポーツ選手としての堂々たるものだと思います。

1年間お疲れ様でした。そして、本当に素晴らしい活躍だったと思います。これからの彼の進化を見守りたいと思いますし、世界の舞台での活躍を期待したいと思います。

いずれにしても、低迷していた男子ツアーに待望の“スタープレイヤー”が誕生しました。

このチャンスに“ツアーとしての”本当の力をつけていって欲しいと思います。

もちろん、私もより素晴らしいトーナメントづくりを目指していきます。

最後に、石川遼のハンチングは似合っていたと思いませんか?中々ハンチングの似合うプレイヤーはいないのに・・・・(笑)

2008年12月 8日 (月)|固定リンク

2008年12月 1日 (月)

賞金王・賞金女王決定!

今年も早いもので、12月になりましたね。みなさんはどんな年でしたか?

男子ツアーは、今週の日本シリーズを残していますが、女子のツアーは終わりました。

男子の賞金王には、片山晋呉。2年ぶり5度目のタイトルです。今季は、日本プロゴルフ選手権と日本オープンを制し、25勝の永久シード権も獲得。素晴らしい年だったのではないでしょうか?

クラブ選びやスイング理論、トレーニング方法など、ゴルフをプレーする上でのすべてを勉強し、考え、努力する新しいタイプのゴルファーだと思います。

彼なりの哲学の中での5回目の賞金王。本当におめでとう。これからどのように進化していくのか?世界の舞台では?期待したいと思います。

また、同じく男子ツアーでは、石川遼が、史上最年少となる、17歳2ヶ月で獲得賞金、1億円突破という偉業を成し遂げました。

一昨年のアマチュアでのツアー優勝から、約1年と少し。色々なことがあった中で、このような結果を出したことに、驚くとともに、賞賛したいと思います。

多くのプレイヤーが高いレベルで戦うツアーの中で、このような成績を残したことは、本当に素晴らしいと思います。

彼自身も理解しているように、まだまだ成長途中。今後、どのように進化し、どんなプレイヤーになるのか?

歴史に名を残す、日本人プレイヤーとなることに期待がかかります。

後、1試合を残していますが、日本シリーズ優勝も・・・・・?

一方の女子ツアーは、2007年の全日程を終了しました。

昨日のツアーチャンピオンシップの最終日。劇的なドラマが生まれました。

最終戦を残して、賞金トップは、韓国の李知姫。2位が横峯さくら・3位が古閑美保でした。

横峯と古閑は優勝が逆転賞金女王の絶対条件。そんな厳しい中で、古閑美保が見事に逆転優勝。李が10位タイとなったために、賞金女王も獲得しました。

色々な運もあったようですが、結果としての優勝と賞金女王は、素晴らしいと思います。

おめでとう!

古閑は、今季4勝。その内2勝は、私がプロデュースさせていただいているトーナメントです。(CATレディース・伊藤園レディス)

世の中は、経済状況の悪化からくる不景気の報道が多く、少しネガティブになりがちですが、ゴルフなどのスポーツイベントでは、このように素晴らしい”感動”を我々に与えてくれます。

トップクラスの技術を持った、プレイヤー達が真剣に戦い、その結果に起こる、"感動”は、何事にも変えがたいものです。

これからも、"感動”を与えられるような、素晴らしいトーナメントを作り、皆様にお伝えしていきたいと思います。

2008年12月 1日 (月)|固定リンク

<< 前の月 次の月 >>