2009年1月28日 (水)

シーズンオフ

2009年の1月ももう後半ですね。

この時期の我々の仕事は、今年の前半のトーナメントを中心に企画の見直しやコースとの打合せなどが始まっています。

特に"大会のコンセプト”作りやそのコンセプトに基づいた、ポスターなどのメインビジュアル作りなどが早々に進んで行きます。

昨年秋からの経済状況の中で、「大会予算」なども今年は特に厳しい感じがします。

こういう時代だからこそ、意味のある予算で意味のある”トーナメント"作りをしていかなければと考えています。

一方、プロゴルファーは何をしているのか?

NIFTYのブログでも古閑美保プロなどが"ブログ”をしているので、ご存知の方も多いかと思いますが、1月早々からトレーニングを開始しているプロがほとんどです。

タイガー・ウッズの登場から、プロゴルファーも”アスリート”的な存在になり、体を鍛え、必要な筋力をつけることが求められています。

近年では、自主トレの野球選手たちとコラボレーションしてトレーニングをするプロも多くなっているのは、そんな状況からだと思います。

主に、1月中は、基礎体力作りが中心のようです。

ランニングやマシントレーニングなどで、1年間を戦える基礎体力を作ることが中心で、ボールを打つこともあまりないようです。

暖かい海外などで行っているようです。トレーニングの合間の休日に野球選手たちとゴルフをすることもあるようですが・・・・

そして、2月に入ると、ボールを打ち始めるようです。

それは、アマチュアでは考えられないほどのボールを打つ毎日のようです。もちろん、実際のコースに出てのラウンドも始めます。

いずれにしても、"ショートゲーム”の練習に多く時間を割いているようです。

このオフの過ごし方で、今年1年の結果が現れるわけですから、やはり一流の選手になればより、効果のある正確なトレーニングをしていくようです。

見る人に多くの感動と驚きを与えるような、素晴らしいプレーの数々はこうやって構築されていくんですね。

2009年1月28日 (水)|固定リンク

2009年1月23日 (金)

石川遼 マスターズ出場

今朝のスポーツ紙やニュースでも報じられていましたが、石川遼がマスターズに出場することが決定しました。

マスターズは、世界ランクの上位50位や独自の出場資格で、”招待”という形をとっており、今回は、彼の昨年の日本での活躍などを検討して、この時期の”招待”ということになったようです。

1月早々に招待状が来るのでは?とも思っていたのですが、ここまで来ていなかったので・・・・それでも17歳の日本人選手のマスターズ出場は”快挙”と言っていいでしょう。

正式な招待状は、まだ届いていないようですが、日本のツアー機構にも連絡がきており、招待は確定です。

国内ツアーの始まる前に、アメリカ本土で数試合の出場も予定されているようです。

彼のようにトーナメントに出場し、プレーをすることで進化していく能力のあるプレイヤーは、きっとこのアメリカ本土での数試合、そしてマスターズという夢の舞台を経験して、また大きく進化していくことだと思います。

ゴルファーにとってのあこがれの"メジャー”の舞台で、彼がどんなプレーをするのか?

じっくりと見てみたいと思います。楽しみですね!

2009年1月23日 (金)|固定リンク

2009年1月19日 (月)

下見です!

少しご無沙汰してしまい、すいません!

実は、年が明けて、年始の仕事をしてから、SONY OPENでハワイへ出張しておりました。

アメリカのPGAツアーも本格的な開幕でした。

そして、土曜日に一旦帰国し、翌日曜日から、グアム島へ来ております。

グアム島にある、”レオパレス・リゾート”で、今年から開催される日本のLPGAのステップアップツアーの下見と打合せに来ているんです。

日本のLPGAのグアム開催は初めてになります。

ジャック・ニクラウス設計の18ホールとアーノルド・パーマー設計の18ホール。36ホールの本格的なチャンピオンシップコースです。

ステップアップツアーでは、ジャック・ニクラウスのコースを使用することにしました。

グアム島特有の強い風とタフなコースですが、使用ティグランドを決め、ローカル・ルールやオペレーション関係の打合せをしました。

日本は寒い日が続いていますが、やはりここは南の島ですね。風は強いもののやはり暖かく、気候は素晴らしいと思います。

また、日本から3時間半程度で来れるのも魅力ですね。

プロ野球の選手やプロゴルファーも結構、自主トレに来ているようです。

チャンスがあれば、是非一度来てみてはいかがでしょうか?

LPGAステップアップツアー・レオパレス21 IN GUAMは、2009年4月9日10日の開催です。

Idc0001_014_2

Idc0001_016

2009年1月19日 (月)|固定リンク

みなさん!2009年のお正月はいかがでしたか?

早いもので、仕事も始まり、お正月気分ももう終わりですね。

アメリカの男子ツアーは、ハワイのマウイ島で開幕しました。

”Mercedes-Benz Championship”です。世界ランク上位や昨年の優勝者のみが出場できる大会で、今年は、33名が出場しています。

日本国内は、まだまだ寒く、なかなかゴルフという気分ではないのでは?

でも、今年は、タイで開催される、"The Royal Trophy"というアジア選抜と欧州選抜の対抗戦に、石川遼が出場することで、連日、テレビでも報道されていて、少し、ゴルフ気分が盛り上がる感じではないでしょうか?

この"Tha Royal Trophy"という大会は、2006年に第1回大会が開催され、今年で3回目になります。(昨年は、タイ王国の喪中で開催中止)

伝統的な、アメリカツアーと欧州ツアーの対抗戦のライダーカップのアジア版と言っていいでしょう。

開催地は、タイのバンコク郊外にある、アマタ・スプリングスというコースです。

バンコク市内から車で1時間ほどのコースで、プライベートの比較的に新しいコースです。

大きなラグーンの中にグリーンが浮かんでいる”フローターグリーン”があるパー3が名物のコースです。

実は、私も何度かプレーしていますが、コースメンテナンスなど非常に良かった印象があります。

日本からは、谷口徹・谷原秀人・石川遼が出場。又、尾崎直道がアジアチームのキャプテンを務めているようです。

石川遼がプロとして初めての海外トーナメント。どんな成績を残してくれるか?楽しみですね。

一方の欧州チームは、過去2連覇。もちろん今年も精鋭が揃い、素晴らしいプレーを見せてくれるでしょう。

欧州チームのキャプテンは、スペインのオラサバル。マズターズを2度制覇している名プレイヤーです。

実は、同じスペインの先輩である、セベ・バレステロスが昨年の10月に脳腫瘍で倒れたのは、ご存知でしょう。

その後、2ヶ月の入院を経て、今は自宅療養中との事。そのセベから欧州チームにメッセージが届き、欧州チームは気持ちも新たに、この大会に臨んでいるようです。

1月初旬。世界の中でゴルフははじまっています。

2009年。今年はどんな素晴らしいドラマが生まれるのでしょうか?

2009年1月 9日 (金)|固定リンク

新年あけましておめでとうございます。

昨年も多くのみなさんにご覧いただき、ありがとうございました。

どんなお正月をお過ごしですか?

さて、昨年の後半から世界的な経済状況の悪化の中で、これからの日本も非常に心配ではありますが、”ゴルフ”を通じて、少しでも明るく、楽しく、感動的なお話を届けていきたいと思います。

国内ツアーでは、石川遼という久々のスーパースターの登場で、男子ツアーは上向きでしょう。17歳の史上最年少のプロゴルファーがどんな活躍をするのか?

これからどのように成長するのか?本当に楽しみにしたいと思います。

女子ツアーでは、宮里藍、上田桃子に続き、大山志保と日本のトップアマとして活躍していた、宮里美香がアメリカでプロ転向し、2009年のツアーに参戦します。

今年は、彼女たちの”優勝”を聞きたいとと思います。もちろん多いに可能性はあると思います。

また、国内の女子ツアーは、初の賞金女王に輝いた、古閑美保の昨年以上の活躍を期待したいと思います。

その他にも、横峯さくら、三塚優子など多くの若手のプレイヤーが今年のツアーも熱く戦ってくれるでしょう。

アメリカツアーでは、タイガーがいつ復帰するのか?その辺も気になるところです。

昨年の全米オープンで優勝し、その後、手術を行い、後半をすべて休み、復活にかけているはずです。

おそらく、新しい”タイガー・ウッズ”が帰って来ることでしょう。

世の中の情勢は、楽観できる状態ではないと思います。本当に非常に厳しい状況が、今年も続くのでしょう。

しかし、"ゴルフトーナメント”は、みなさんに素晴らしい、感動と夢を与えてくれるはずです。

暗い話題の多い時ではありますが、"ゴルフ”の素晴らしさを改めて感じてもらえればいいと思います。

もちろん、私も精一杯、素晴らしい”ゴルフ”をお伝えし、”ゴルフトーナメント”をプロデュースしていきたいと思います。

今年もよろしくお願いします!

2009年1月 1日 (木)|固定リンク

<< 前の月 次の月 >>