2009年6月23日 (火)

第109回 全米オープン FINAL

本当に長かった戦いが終わりました。

天気は回復したものの風が強くなり、再び難易度を増した、Bethpage State Park Black Courseは、22日の月曜日に順延し、最終ラウンドの残りをプレーしました。

最終組が、第4ラウンドの2番ホールのティショットをした時点で、サスペンデッドとなっており、最終組のR.Barnesが1番をボギーとしていたので、7アンダーで、BarnesとL.Gloverがトップに並んだところから再開されました。

最終組の2人は、ともに最終予選会を勝ち上がっての全米オープン出場。伏兵の2人です。

追いかけるのは・・・・

P.Michelson  D.Duval そしてT.Woods。ビッグネームが猛追なるか?そんな展開でした。

まず、P.Mickelson。6番・7番とボギー先行の苦しい展開。9番でバーディを奪いスコアを1つ落して、1アンダー。

復活してきた感じのD.Duval。しかし、3番でトリプルボギーなどフロントナインを3オーバーとし、前半をトータルイーブンでハーフターン。

パッティングに苦しみ抜いている、T.Woods。7番でバーディを取り、フロントナインを1アンダーとスコアをイーブンまで戻します。バックナインでの”奇跡”を期待するところです。

最終組の2人は、やはりプレッシャーなのか?

初日から好調だった、R.Barnesは、思うようにプレーができません。5番から8番まで4連続ボギーで一気に3アンダーまでスコアを落とします。

前半が終わった時点で、トップは、L.Gloverの4アンダー。1打差の3アンダーにR.Barnes。P.Mickelsonが1アンダー。DuvalとTigerは、イーブン。

バックナインに入り、Mickelsonが猛追。12番バーディ・13番でイーグル。ついにトップのGloverを捕えます。しかし、15番でボギー、17番もボギーとし、トータル2アンダーでホールアウト。

終わったかに思えた、D.Duval。14番から3連続バーディで再浮上。しかし、17番で痛恨のボギー。同じく2アンダーでホールアウト。

T.Woodsは、10番をボギーとしたものの、13番・14番と連続バーディで、今大会初めてのアンダーパーに。しかし、続く15番をボギーとし、スコアを1つ伸ばしたものの、イーブンパーでホールアウト。

初日の15番からの4オーバーが今年のTigerの敗因の全てだったような気がします。

そして、最終組。R.Barnesは、11番・12番連続ボギー。13番でバーディを奪うものの、今日だけでスコアを6つ落として、2アンダーでホールアウト。

L.Glover。プレッシャー中、何とかスコアをまとめ、15番でボギーとし一時は並ばれたものの、16番のバーディで、初のメジャーを引き寄せました。

スコアを3つ落とし、トータル4アンダー。それでも2打差の優勝です。

優勝した、Lucas Glover。1979年生まれの29歳。祖父の手ほどきでゴルフをはじめ、大学生時代は、2000年・2001年とALL AMERCANに選ばれるなど活躍していました。

2001年にプロ転向。全米オープンは、2002年、前回のBethpageが初出場でしたが、過去3度の全米オープンはすべて予選落ち。

2005年にPGA TOURで1勝をあげていますが、その後は、あまり活躍できていなかったようです。

今年は、Buick Invitationalで3位タイ。Quail Hallow Championship で2位タイなど。この全米オープンは、最終予選会を勝ち上がっての全米オープン出場でした。

日本人選手で唯一、決勝ラウンドに進んだ、矢野東。トップと5打差の4位タイで決勝ラウンドを迎えたのですが、そこまで好調だったプレーも第3ラウンドで崩れ、結果は、トータル6オーバーの27位タイ。それでも今年のBethpageで得た経験は、貴重な経験だったと思います。日本に帰ってからもこの経験を生かし、素晴らしいプレーをして欲しいと思います。

初日からの豪雨で、スケジュールはひどいものでした。雨があがり、コースコンディションを整え、プレーできる状況になったところで、スタートし、日没ギリギリまでプレーし、サスペンデッド。そんな繰り返しでした。

大会の運営をしている、USGAのスタッフやコースのメンテナンスの人々は、選手以上に大変だったでしょう。何年も前から準備をして、万全の態勢でメジャーを迎えたはずですが・・・この天候では、仕方がないですね。それでも、その中でトーナメントを支え、最後までプレーを支える、多くの人たちの努力には、本当に感心しました。

心から、「お疲れ様!」と言ってあげたいと思います。

そして、このようなスケジュールの中で、放送をしていた、テレビ朝日のスタッフも本当に大変だったと思います。しかし、”メジャー”全米オープンを今年も日本の皆さんにお届けできてよかったと思います。

来年、2010年の全米オープンは、Pebble Beach Golf Linksが会場です。

毎朝、見てくださったみなさん。ありがとうございました。

2009年6月23日 (火)|固定リンク