2011年10月15日 (土)

富士通レディース2011 2日目

 

千葉県にある、東急セブンハンドレッドクラブを舞台に開催している、29回目を迎えた、

 

“富士通レディース2011”は大混戦で最終日を迎えることになりました。

 

南風12.1m/sというタフなコンディションの中で行われた、第2ラウンド。

プレイヤーは、風に悩まされました。

このコンディションの中、ベストスコアの68で、トップに1打差の2位に浮上したのは、藤田幸希。日本女子オープンを途中棄権するなど、手首から肩の調子が良くなく、先週も欠場しての今大会。

無理せず、彼女なりの気持ちでプレーしたことがよかったのか?このコンディションの中で、ノーボギー4バーディは、ナイスプレーでした。

Img_3055

 

トップには、9月のマンシングレディスで、ツアー3勝目を挙げている、服部真夕。

今日は耐える1日でした。

ティショットが安定せずに、フェアウエイをキープしたのは、4回。

それでも耐えて、耐えてのパープレーで、首位をキープしました。

平均ストローク4.3の難易度1番の18番では、左サイドファーストカットからPWで2mにナイスオン。バーディは奪えなかったものの、明日へつながるショットだと思います。

Img_2993

2年連続・2週連続の優勝を狙う、アン ソンジュ。今日はパットが決まらず、パープレー。1打差の2位タイ。

賞金ランク2位の横峯さくら。ショットは安定しているようですが、とにかくパットが決まりません。

2日ともイーブンパー。26位タイで、明日の最終日を迎えます。

アンダーパーが、25人。ビッグスコアも期待できるコースだけに、誰が勝つのか?全くわからない状況です。まさに大混戦。

4オーバーまでの56名が、明日の決勝ラウンドへ進出。

プレーオフになるのか?誰が抜け出てくるのか?終盤のタフなホールをどう攻めるのか?

最後の最後までわからない。

富士通レディース2011。お楽しみに!

 

テレビ放送

朝8時からCS放送 スカイAでは、生放送。

地上波は、午後4時から5時25分。テレビ朝日系列で放送します。

 

2011年10月15日 (土)|固定リンク