2011年11月 9日 (水)

第27回 伊藤園レディスゴルフトーナメント

すっかり秋深くなりましたね。

ゴルフシーズンも終盤。伊藤園レディスの会場に来ています。

今年で27回目となる、”伊藤園レディスゴルフトーナメント”

千葉県にある、グレートアイランド倶楽部が舞台です。

6,607ヤードのパー72。非常にタフなセッティングで今年も白熱した大会となることでしょう。

さて、いつもこのブログを見てくださる方から、最近のトーナメント会場で、ギャラリーが「入れ!」などの掛け声をかけることについてのご意見をいただきました。

そもそも、欧米の人たちは、「ナイスショット!」などの掛け声をかける習慣がありません。

ティショットなどで、「ナイスショット!」と言うのは、日本人特有だと思います。

最近のゴルフトーナメントでは、ギャラリーの人たちが、「入れ~!」という声をよくかけているのを私も耳にしています。

個人的には、違和感を感じています。

欧米のトーナメントなどで、「Get in the hole !」と言う掛け声とは異質なものではないでしょうか?

確かに、直訳すれば、「入れ~!」なのでしょうが、日本と欧米の習慣の違いもあり、違和感を感じるものかと思います。

ギャラリーを規制することはできませんが、観戦するそれぞれの人が、その場に合った観戦方法がよいのではないでしょうか?

できれば、日本人には馴染みのある、「ナイスショット!」という掛け声が一番良いと思います。

プレイヤーにとっては、どんな応援でも心強いとは思います。しかし、その場の雰囲気に合わない掛け声は、やはり嫌味に聞こえてしまうかもしれません。

ある意味では、「動と静」がはっきりしているスポーツです。

ゴルフトーナメントらしい、観戦をお勧めしたいと思います。

ゴルフファンならではの、貴重なご意見ありがとうございました。

2011年11月 9日 (水)|固定リンク