2011年11月13日 (日)

第27回 伊藤園レディスゴルフトーナメント 2日目

第27回伊藤園レディスゴルフトーナメントの2日目。

昨日までの雨も上がり、素晴らしい天気となりました。

早朝7時30分から昨日ホールアウトできなかった組のプレーを再開し、第2ラウンドは、8時30分よりスタートしました。

通常は、成績順に組み合わせをするのですが、今年は、第1ラウンドがサスペンデッドになっており、同じ組み合わせで第2ラウンドをスタートさせました。

日照時間が短い今の季節では、このような方法でスタートさせないと日没になってしまいます。

 

その第2ラウンド。秋晴れの絶好のコンディションの中で、素晴らしいプレーが繰り広げられました。

トーナメントリーダーには、6アンダーで、青山加織と服部真夕が立ちました。

プロ入り5年目の青山。ツアー初優勝を目指します。

1打差の5アンダーに馬場ゆかり。今年の日本女子オープンのチャンピオンが、バックナインで6バーディーと爆発し、一気に優勝争いに加わりました。

4アンダーの4位タイには、ベストスコアの65で浮上した、藤本麻子と横峯さくら、藤田幸希の実力者が続きます。

先週のミズノクラシックで“復活優勝”した、上田桃子が3アンダーの7位タイと2週連続優勝を狙います。

文字通り、大混戦となった今年の伊藤園レディス。

2アンダーまでの18人には十分にチャンスがあると思います。

今季1勝ながら、賞金ランク3位につけている横峯さくらは、非常にショットの状態が良くなっているように思います。彼女にとっての課題とも言えるパッティングさえ入りだせば・・・・

賞金女王レースも非常におもしろくなってくるはずです。

予選ラウンドを終了し、3オーバーまでの55名が明日の決勝ラウンドへ進出します。

 

グレートアイランド倶楽部の終盤は、タフなホールが続きます。特に17番のパー3、最終18番ホールと難易度の高いホールが待ち受けます。

 

いよいよ明日は最終日。第27回のチャンピオンは誰に輝くのか?

最後の最後まで目が離せない伊藤園レディスをお楽しみください。

テレビ朝日系列

午後4時から放送いたします。

2011年11月13日 (日)|固定リンク