2012年10月14日 (日)

富士通レディース 2012 FINAL

今年で30回目を迎えた、”富士通レディース2012”は、大逆転でルーキーの成田美寿々がプロ入り初優勝を飾りました。

3s5a4397

朝から小雨となった最終日。

4打差のトーナメントリーダーの穴井詩。終盤に崩れツアー初優勝を逃しましたが、単独2位に入り、シード権をほぼ確実にしました。

トップと5差の4アンダーからスタートの成田美寿々。

今週、20歳になったばかりのツアールーキーが、11番までに3つスコアを伸ばし、7アンダーで終盤に入ります。

難易度の高い、上がり3ホール。

16番パー5では、バンカーから3打目を絶妙に寄せ、バーディ。

続く17番パー3。右奥のタフなピンポジションを果敢に責め、バーディ。スコアを9アンダーまで伸ばします。

過去に数々のドラマを生んできた、最終18番ホール。

フェアウエイ真ん中を捉えたティショット。手前のバンカーを避け、グリーンセンターへ2オン。

確実に2パットでパーをセーブし、9アンダーでホールアウトし、見事にツアー初優勝を大逆転で飾りました。

3s5a4845

3s5a4978_2

アマチュア時代に特に大きなタイトルを獲得しているわけではないのですが、プロ転向してルーキーイアーに優勝できたのは素晴らしいことです。

本当におめでとう!

30年という節目を迎えたこのトーナメントは、これからも感動を与える素晴らしいトーナメントにしていきたいと思います。

2012年10月14日 (日)|固定リンク